アンチ・ストレス

p921.jpg

「P99を模した玩具」
ではなく
「日本市場向けP99」


前回
チャンバーの
刻印について
書きましたが
マガジンを見ると、

p922.jpg

「ワルサー」
「6mmBB弾」

これ
どう捉えるか?
ですよネ♪
(*'-'*)
ドイツやUS製は
「9mmパラべラム」

私は嬉しいほう♪
(o^-^o)

さて、
「ワルサー」って
メーカーの
面白いトコ♪

P99は
3種類の
トリガーアクションを
搭載してます♪

まずは普通に
「シングル・アクション」

p923.jpg

トリガーの
引きしろが短く
ハンマー(ストライカー)

起き上がってますので
軽い力で発砲できます。

シングル・アクション
オンリーの
オートマチック・ピストル

p924.jpg

M1911の
この状態と
同じですネ♪
(*'-'*)

お次は
「P-38」でも
搭載
「ベレッタ」等で
お馴染みの
「ダブル・アクション」

「シングル・アクション」
での
待機状態の時

p925.jpg

スライド上部の
ボタンを押すと
ハンマー(ストライカー)
ダウンし、
トリガーが
遠い位置に移動

p926.jpg

この際
内部でブロックされている為
発砲とはなりません。

お巡りさんとかは
この状態で
所持でしょうネ♪

ハンマー(ストライカー)は
ダウンしている為
リスクが少なく
一番安全な待機位置です♪

トリガーを引くと同時に
ハンマー(ストライカー)を
起こしますので
トリガーが重く
最速で発砲
出来ないのが
欠点です。

そして
メイン、
初弾限定機能
アンチストレス・トリガーアクション」

p927.jpg

スライドを引いて
チャンバーに
初弾を
送り込みます。

p928.jpg

コッキング・インジゲーターが
飛び出て
待機状態になります。

「シングル・アクション」で
撃つ事に
なるのですが、
じつは
この動作の
時にだけ

p929.jpg

トリガー位置が
「ダブル・アクション」の位置で
遠いんです。

緊張した状況下で
不意な物音等で指が
「ピクッ」と反応し
誤発砲とならないよう
考慮したポジションです♪

ベレッタとかに見られる
ただ単純に
遊び、引きしろを
多くしたのとは
違い
絶妙な感触に
作られています♪
(*'-'*)

p9210.jpg

指先が反応した際は
「コクッ」っと
「シングル・アクショントリガー」の
位置で
一旦止まるように
作られてます。

反射動作程度
では
引ききらない様
絶妙な調整デス♪

スプリング・テンション
での
「ぐにゃぐにゃ」感

一切無く
節度が有るんですヨ♪

「邪魔!」
「うっとしい!」
と思うのが
大半かと
思うのですが、
私は
この領域が
心地良くって
スライドを引いては
「コクッ」
スライドを引いては
「コクッ」
って
空撃ちでついつい♪
(*'-'*)

p9211.jpg

異端児的
存在ですかネ・・・?
モチ
良い意味で♪
(*´∇`*)
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : アンチストレス・トリガー

コメント

§ こんばんわ〜♪

らんぼうR-typeさんは幅広い趣味ですが
銃器の事を語る時が一番熱いですね\(>∀<)/

全く銃の解らないない私でも興味深く見入ってしまいましたよ(笑
でも、覚えれませぬ^^;

§ 真剣さ

こんばんは

銃の扱い方というか、考え方って考えさせられますね
お読みに成ったかもしれませんが
ハイパー道楽さんP226記事
http://www.hyperdouraku.com/ichiro/sig_p226sao/index.html
永田市郎さんが書かれているのですが、これを読むと
私などが、銃を見る目と実際に手にしている、そしてそれが
目の前で人に向けられている社会の違いであったり、銃
と言うものの性質であったり、求められる性能、能力の
考え方というのを、大変興味深いと思いました。

シングルであれ、ダブルであれそれぞれに一長一短があり
また、それに我が生命を託すとなると、自ずと真剣に成りますよね

決して、日本で銃を持つ社会にしたいとは思いませんが、銃を持つ
ということに真剣に考える事は必要なのかもしれませんね

余りにも日本の社会は甘いのかも知れませんね~
もう少し真剣に生きる必要があるのかも?

§ 少しでも♪

Catさん、こんばんわ♪

広く、浅く、って感じですかネ(;^_^A

え?熱いですかぁ?やっぱそうなっちゃうのかなぁ・・・?
(/ω\) ハジカシー

少し、ほんの少しでも見て頂ければ幸いですヨ~♪
ヾ(*´Q`*)ノ
ありがとうございます♪

§ 気楽に♪

雷鳥8号さん、こんばんわ~♪

あ、ゴメンナサイ!読んだこと無かったデス( ̄∇ ̄;)

まぁ、私もネ、小銃を扱ってて
何時でも目の前の人を・・・
気に入らない奴を、いつでも・・・てな状況をネ、
経験して、その結果
あまり深く考えない様にしてますヨ♪

ここは日本ですから、日本である事で楽しんだら良いと思いますヨ♪
疲れっちゃいますから♪
(*'-'*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

らんぼうR-type

Author:らんぼうR-type
人は、夢と現実の境界線を、彷徨うTripper。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR